筋肉ってどういう仕組で大きくなるの?

筋肉ってどういう仕組で大きくなるのでしょう?筋トレで筋肉をつける前に筋肉が大きくなる仕組みについてしっかり学んでいきましょう!
MENU

筋肉ってどういう仕組で大きくなるの?

筋肉ってどういう仕組で大きくなるのでしょう?

 

筋トレをして筋肉をつける前に筋肉が大きくなる仕組みについていっかり学んでいくことが大切です!

 

筋肉は、トレーニングを行うことで負荷を与えられます。この負荷を与え続けることで筋肉はその負荷に適応します。その結果、筋肉は大きくなるのです。

 

例えば、寒い地域の人は寒さに耐えられるようになり、暑い地域の人は暑さに耐えられるようになるように適応するのと同じですね。あるいは、宇宙飛行士は無重力の状態にしばらくいたことで、帰還した時には一人で立てない姿がテレビでも放映されますよね。これは、無重力に筋肉が適応してしまい、筋力が弱ってしまうといことなのです。

 

この例は、筋力が弱ってしまう例ですが、筋肉に負荷を与えるというのは、この例と反対のことが起こるのです。

 

筋肉は負荷に適応する!

筋肉に負荷を与え続けると、筋肉はその負荷に適応します。

 

つまり負荷に適応するということは、負荷に耐えることができる強い筋肉になるということです。

 

まさに、これがトレーニングにより筋肉が大きくなるという仕組みなのです。その負荷に適応した後は、さらに強い負荷を与えることでさらに筋肉を大きくすることができるのです。

 

 

つまり、筋肉を大きくしていくということは、筋肉に対する負荷を少しずつ大きくしていくということなのです。

 

気をつけるべきポイントは、いきなり必要以上の大きな負荷を与えないということです。

 

理想は数ヶ月単位でトレーニングの計画を立て、少しずつ負荷を大きくしていくということです。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ